様々な工法で建設できる注文住宅ですが、家の建設は十分注意をしよう

多くの工法で家を建てる

積み木

日本で一番多いのは「在来工法」

注文住宅では木造で建設された建物が多いですが、木造のメリットは価格が安いということです。そのため予算を抑えるために在来工法を行なう人が多いとされています。また木造だと住宅を建てた後も自由にリフォームをしやすいというメリットがあります。

工事期間が短い「木造枠組壁工法」

日本ではなく海外で行われている工法の1つで、通常の木造住宅に比べて工法が簡単なため施工時間が短いという特徴があります。そのため工事から入居まで短期間で行えるため、早く入居したい人にはオススメの工法といえるでしょう。また間取りは平面になっているためリフォームがしづらいといわれています。

品質の良い「軽量鉄骨造」

木造ではなく鉄骨などの金属部材で建物全体を支えていく特徴のある方法です。短期間の施工でありながらも品質の良い住宅に仕上げることができるというメリットがあります。そういったメリットとともに自由に導入できるプランがある程度決まっているため注意をしておきましょう。

これから注文住宅で家を建てる際に知っておこう

人生で大きな買い物は慎重になる

家を一度建てると簡単に返品をすることはできません。また何千万とお金がかかってしまうので後悔しない家づくりをする必要があります。後から「予算よりもお金がかかった」、「ローンが払いきれない」、「住み心地が悪かった」などと後悔をしても遅いのです。

建築の目的を決めておく

これからなぜ住宅を建てるのか、またどのような家を建てるのかを決めておかなければ後から大変なことになります。分からないことを全てプロに任せるのは大間違いです。もちろん親切な会社もありますが、中には必要最低限しか行わない会社もあるので、依頼側から様々な提案をしていきましょう。

業者が得意としている分野を知る

厚木には多くの専門業者が注文住宅の建設をしてくれますが、業者の中でも得意としている分野が異なっています。たとえばある業者はお金がかからないローコスト住宅を得意としているところ、またあるところは自然にやさしいエコな住宅づくりを得意としているところがあります。

土地を持っていない人は土地も探しておく

自分で土地を購入するよりも専門業者に相談をして一緒に土地を探すのが一番だといわれています。その理由として土地によって地盤が異なるからです。専門業者と一緒なら確実に住宅を建てるために最適な土地を探すことができるでしょう。

欠陥住宅のリスクを避けよう

家づくりに何千万円をかけたとしても、それが欠陥住宅であったとしたらとてもショックを受けるでしょう。契約手続きをしてから施工業者に全て丸投げをする業者はやめておきましょう。施工業者は利益を優先して後期を短くしようすると可能性があるからです。

広告募集中